AGAは医学の力で改善できます

AGA(男性型脱毛症)は、医療機関で治すことができます。
髪が抜けてしまうのは加齢による変化ですが、医学の力に頼れば、そのペースを遅くしたり、最小限に留めることができます。
具体的な治療法としては、今ではAGA治療薬という内服薬が一般的な治療方法になっています。外科的な手術をするわけでもなく、薬を飲むだけで治療ができるというメリットがあります。
この薬は、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やさないようにさせる薬です。DHTは男性らしさを出すために必要なホルモンですが、多すぎると脱毛などの問題を引き起こします。
DHTは最初から存在しているわけではなく、前駆体である男性ホルモンテストステロンがII型5α-リダクターゼという酵素によって還元されると生じます。
AGA治療薬は、II型5α-リダクターゼが働くのを抑えることで、DHTが新たに作られてしまうのを防ぐ働きがあります。
DHTの影響を受けなくなると、発毛に関わる毛乳頭の萎縮が抑えられて、毛母細胞の成長が促進されます。
すると短くなっていたヘアサイクルの成長期が延びて、髪が太く長く成長するようになります。
AGAのときには、DHTの影響を受けて成長期が短くなるうえに、すぐに休止期に入ってしまいます。治療薬によってヘアサイクルが正常化されることで、抜けにくい髪が増えて髪の密度が回復していきます。
治療薬以外では、DHTの影響を受けない後頭部や側頭部の毛を採取して、脱毛が進行している部位に移植する自毛植毛という治療法もあります。
こちらはメスやパンチ式の器具を使って行う外科手術が必要になりますが、移植された毛が定着すれば一生自分の髪として使うことができます。

頭皮の抜け毛とAGAのメカニズムについて

男性型脱毛症(AGA)は様々な年代の男性に症状が現れ、頭頂部や前頭部の生え際、またはその両方の髪の毛が抜けたり薄くなったりする状態です。
原因は遺伝や男性ホルモンとされており、早い人では10代の後半からでも薄毛が目立つようになります。
AGAは父親か母親のどちらか、もしくは両方が禿げていると遺伝によって禿げると言われていますが、両親が禿げていなくても祖父母が禿げていれば遺伝として禿げる可能性があると言われています。
また、男性ホルモンの原因では、テストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が、男性ホルモン受容体に結合することで、毛母細胞に影響を与え、ヘアサイクルを狂わせると言われています。
ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返すことで、髪の毛を伸ばし生え代わらせていきます。
成長期では約4~6年の長い年月をかけて太く長い毛を作り上げます。退行期は2~3週間で髪の毛の成長が止まるようになり、休止期では3~4ヶ月の期間で新しい毛が作られ、成長するために古い髪の毛を押し出します。
AGAが進行してヘアサイクルが乱れると、成長期は1~2年程度と極端に短くなり、コシのある髪の毛を作るはずが、十分な成長期間が与えられず細く抜けやすい毛になってしまいます。
また、休止期が1年近く延びてしまうために新しい毛が作られず、脱毛した部分がそのままの禿げた状態となります。
AGAでは進行型の症状のため、そのまま放置していても自然に回復することはなく、頭頂部と前頭部の髪の毛がどんどん抜けて行き、やがて禿げあがってしまうので、薄毛が気になり出した頃には、すぐにAGA対策に取り組むことが必要だとされています。

前立腺疾患とAGAの関係性

男性型脱毛症(AGA)は現在多くの成人男性が悩まされている疾患の1つです。AGAは男性ホルモンであるテストステロンによって症状が進行します。テストステロンは精巣で主に産生され、循環血液にのって全身へと広がっていきます。毛根組織に到達すると5αリダクターゼによって活性型のジヒドロテストステロンへと構造を変化させます。このジヒドロテストステロンがアンドロゲン受容体と結合すると、毛の成長期が短縮してしまい、徐々に髪の毛の太さは細くなっていき、やがて脱毛が起こってしまいます。
ここからはこのAGAと前立腺疾患の関係性について解説していきます。まずAGAと前立腺疾患の共通点が1つあります。それは男性ホルモンテストステロンの働きで疾患が進行していくという点です。前立腺肥大症、前立腺癌はテストステロンが前立腺内で5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンとなり、アンドロゲン受容体に作用して疾患が進行していきます。
治療薬に関しても共通点があります。AGA治療ではプロペシアやアボルブといった5αリダクターゼ阻害薬が有用であるとされています。このプロペシアとアボルブは前立腺肥大症の治療薬としても有用であると言われています。
このようにAGAと前立腺疾患とでは共通項が多いです。しかしAGA治療薬のプロペシアやアボルブによって高悪性度前立腺癌の発症頻度が多くなるという報告があります。ただし前立腺癌の発症頻度はAGA治療薬の使用によって少なくなります。これはプロペシアやアボルブによって正常な前立腺細胞が成熟しづらくなり、未分化型の前立腺細胞が増えてしまい、もしこれが癌化すると、増殖スピードが速い癌ができてしまうため起こります。
■AGAになる前に対策しよう
抜け毛予防は早めの開始がカギ
■AGAに効く
デュタステリド
■抜け毛の原因はフケが毛穴を塞いでしまっていることかもしれませんよ
フケ 原因